PROFILE


ジャズシンガーMAYA

JAZZ&LATIN VOCALIST MAYA

 

ジャズを基本にジャンル、スタイルにとらわれず9ヶ国語で歌い分けるオリジナリティ溢れる世界観で、現在までベスト盤含め 19作品のCDをリリース。「ゴ-ルドディスク」「ジャズディスク大賞・ヴォーカル賞(国内部門)「アルバム・オブ・ザ・イヤー 」「ジャズオーディオ・ディスク大賞」など数々の賞を受賞。

 

2020年自身の音楽レーベルAMBIVALENCEを発足。第一弾作品はMAYAプロデュースによる日本を代表するジャズドラマー松尾明「and alone」をリリース。「VGP2020企画賞」「ジャズオーディオ・ディスク大賞銀賞」「ジャケット賞」を受賞。第二弾作品は伝説的ジャズシンガー、ビリー・ホリデーをテーマにしたセルフプロデュース作品「Billie」をリリース。ジャズ・オーディオディスク大賞ヴォーカル部門金賞受賞。Amazonジャズ部門、ハイレゾアルバムランキングで一位にランキングされる。アナログ盤は発売1週間で完売。両作品ともに真空管やヴィンテージ機材を駆使したアナログテープ録音による高音質作品として話題を呼んでいる。レーベル第三弾は日本を代表するラテングループ、オルケスタ・デ・ラ・ルスのメンバーはじめ本格ラテンアーティストとの共演によるオリジナル曲2曲含むラテン高音質作品を2022年9月21日に発売。

 

Tokyo International Audio ShowTAA台湾国際HIEND音響大展など国内外のオーディオイベントに出演。OlasonicよりMAYAチューニングによるハイレゾ対応BluetoothスピーカーMAYA model発売。女子オーディオの会副会長。ジャズ界、オーディオ界からいま最も注目されているジャズシンガー。JAZZ VOCAL専門オリジナル盤レコードショップAMBIVALENCEをオープン。

 

また近年は音楽と食の関係にも注目している。

日本CI協会発刊の月刊Macrobiotiqueに『Life is JAZZ Life is MACROBIOTIC』連載。高音質音楽と体に優しいMacrobiotic料理や自然療法を取り入れたイベントMusiCookin'主催。Macrobiotic発祥校Lima cooking school師範科修了。(優秀賞受賞)病気ごとに適した食をMacrobioticの視点からメニューを提案するメディカルシェフ資格取得。東城百合子料理学校研究科修了。

 

***

 

[JAZZ & LATIN VOCALIST MAYA]

With a world view full of originality, singing in 9 languages regardless of genre and style based on jazz,

19 CDs including the best compilation album has released.

Received numerous awards such as

"Gold Disc" "Jazz Disc Award / Vocal Award (Domestic Category), and "Album of the Year".

In 2020, own music label "AMBIVALENCE" was launched.

The first work is "and alone" of a jazz drummer Akira Matsuo. This album was received the VGP2020 Planning Award.

The second work is "Billie" with a high-quality work by analog recording that makes full use of vintage equipment and audio equipment. This album was awarded a Gold  Medal in 2021 Jazz Vocal section in a contest sponsored by "Jazz Hihyo", one of the most popular jazz magazine in Japan.

 

In  2022, the new album "LATINA" was released, which is a latin album acting jointly with full-scale latin musician with high quality sound.